木工工作達人メニュー

木工工作達人の紹介

一本木 茂 (シゲさん)
木にかける情熱は誰にも負けない木材加工一筋。まじめで実直。子供と動物が大好きでやさしい性格だが、仕事のこととなると厳格。一見こわくて近寄りがたい印象だが、話すと気さくで、仲間の仕事相談にも乗ってくれる。
自然に耳を傾け、感性で仕事に打ち込む姿勢は、後輩たちからも慕われリスペクトされる。生ける知識と技術の結晶。

6、直しの達人

間違ったら直せばええんじゃ!直しができてこそ真の達人じゃ!

その1.間違って接着してしまった!

木工用接着剤は水に弱いのだ。ぬらしたティッシュや綿棒などで水分を与えて、数分待ちましょう。様子を見ながら、水分の量を多くしていくとうまくはがれるよ。
はがした後に残った接着剤はやすりなどできれいにとりましょう。

その2.木に傷がついてしまった!

ぬらしたティッシュなどで、傷の部分に水分を与えると木が膨らんで傷が目立たなくなるよ。

その3.釘を打つ時や丁番を取り付けるときに、間違って下穴をあけてしまった!
そんな時は、割り箸を使って穴を埋めよう!

丁番・・・工作では蓋の開け閉めに利用されることが多い部品です。
割りばしの先を穴より少し太く丸めに削る。
かなづちで木殺し。
割りばしを回しながらカット。
接着剤をつけて、穴にいれかなづちで穴に打ち込む。
とび出たところをカット。
カットした様子。
最後にやすりをかけて完成だ!
やすりがけの達人 戻る おわり