「木のものづくり」を楽しんでほしい


ログハウス 1984年発売

「木のものづくり」は老若男女を問わず、プロはプロなりに初心者は初心者なりに、自分のレベルに応じて楽しむことができます。「木のものづくりを身近に楽しんでほしい」という想いから、1984年、初めての木工工作キット、「ログハウスAタイプ」を発売しました。
現在、加賀谷木材のKITシリーズは、約100種類ものアイテム数となり、夏・冬休みの自由研究、工作用としてだけではなく、学校教材、医療機関でのリハビリの手助け、店内装飾品・小道具として幅広くご利用いただいております。

KITシリーズの特徴

  • KITシリーズには「作る」楽しみと、完成後も「使う」・「遊ぶ」の2重の楽しみがあります。
  • KITシリーズはかなづちやのこぎりを使う本格的な商品から、接着剤のみで組み立てることができる商品まで多彩に取り揃えております。
  • 完成品はボリュームが大きく、完成後も使ったり、遊んだりと十分に楽しむことができるとご評価いただいております。
  • 数十種類を超える部材からなるものもあり、作り応えも十分です。
  • 全ての商品を原料より自社工場にて生産しています。(一部部材を除く)

ものづくり(KITシリーズ)を通じて

  • 「ものづくり」によって集中力・器用さ・粘り強さが自然に身に付き、完成したときの達成感による喜びを味わうことができます。
  • 自分だけの着色やオリジナル品を創意工夫し作ることで、想像力が豊かになります。
  • 2次元の設計図から3次元の完成品を作ることで、立体を理解する力が身に付きます。
  • 自分で作ったものを大事に取り扱おうとする気持ち・姿勢をもつようになります。

積極的に新商品開発に取り組んでいます

加賀谷木材は常にオリジナル商品を開発し、毎年新商品を発表し続けております。東京で活躍している木工デザイナー中井秀樹氏の指導を受け、常に様々なジャンルの商品を生み出しています。

独自の材料・製造方法

材料には主にえぞ松・とど松を使用しています。 加賀谷木材のキット部材の材料は、自社工場の他部門との関わり合いにより、大量に安価に供給されるシステムがあります。また、高温乾燥機のほか3台の乾燥機によって、そり・ネジレを止める独自の技術で、乾燥しています。木工機械は、ドイツ製モルダーの他、自社製の機械・治具を駆使した技術を持っています。